清宮幸太郎の限局性腹膜炎の症状や原因は?検査や治療方法も!

  • 2018年3月13日
  • 2020年3月23日
  • スポーツ
  • 303View
  • 0件

こんにちは!

今日は、北海道日本ハムファイターズにドラフト1位で入団された、あの超高校生級と言われた清宮幸太郎選手がかかってしまった、限局性(げんきょくせい)腹膜炎について調べていきたいと思います!

これから、キャンプシーズンが終わりシーズンが始まりオープン戦が始まったというところでの体調不良ということで北海道日本ハムファイターズのファンの方や、チームメート、監督も彼の活躍を見ることができないで悔しいことだと思います。

そして、やっぱりこれから活躍するというところでの体調不良なので清宮幸太郎選手が一番悔しいでしょう。

そんな彼を急に襲った限局性腹膜炎という病気をあまり聞くことがなく気になったので調べてみました!

ということで、今回は「清宮幸太郎選手の限局性腹膜炎の症状や原因は?検査や治療方法も!」ということで調べてみました!

それでは見ていってみましょう!

清宮幸太郎選手の限局性腹膜炎の症状や原因は?

それでは早速、急に清宮幸太郎選手を襲った限局性腹膜炎の症状や原因について見ていきたいと思います。

限局性腹膜炎とは、腹腔内臓器の一部に発生した炎症が腹膜にやその場所に腫瘍ができる病気のことだそうです。

限局性腹膜炎症状は、まず最初に腹痛が起こるそうです。

そのとき腹部を押すと更に痛みが強くなることがが特徴となっているそうです。

基本的には突発的に急な腹痛がに起こることが多くなっているようです。

腹膜炎の原因によっては、兆候として軽度の腹痛や腹部の不快感が起こる場合もあるようです。

腹痛の他にも、吐き気や嘔吐、発熱、頻脈(心拍数が増加している状態)、といった症状が起きるという場合もあるそうです。

また、そのままにして悪化してしまうと、ショック状態脱水症状になることもあるのだそうです。

限局性腹膜炎原因として、消化器系の病気の合併症として発生する場合が多いのだそうです。

原因には細菌がかかわってくる場合と化学的な要素がかかわってくる場合があるそうです。

細菌の場合だと、消化器系の病気による炎症が腹膜へ影響を与えることによって発症するそうです。

化学的な要素の場合だと、外傷や消化管の健康上の問題によって起こるそうです。

身体の中で胃液や胆汁といったようなものが腹膜へ漏れ出てしまうことが原因となるそうです。

外傷の場合には打撲などで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどと言ったような病気になることもあるのだそうです。

検査や治療方法も!

限局性腹膜炎の検査方法は、 圧痛、筋性防御、ブルンベルグ徴候、腸雑音の有無を調べることが一般的なものとなるそうです。

原因の疾患により検査も変わってくるので、検査は病歴や鑑別診断から判断して決めるそうです。

画像検査では、腹部X線、腹部エコー、腹部CTが有効となっているそうです。

治療法は、補液や抗生剤、抗菌薬による保存的治療を行うそうです。

また症状がひどいときは、外科的手術により原因の腫瘍や臓器ごと切除するといったような治療が必要になる場合もあるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「清宮幸太郎選手の限局性腹膜炎の症状や原因は?検査や治療方法も!」について見ていきました。

清宮幸太郎選手選手はこの数日間、腹部の不調を訴えられていたそうです。

15日までは入院し、点滴などの治療を受けて経過観察をするということだそうです。

また2月に行われていた沖縄でのキャンプ中にも急性胃腸炎を発症していたそうです。

オープン戦では7試合出場していましたが、19打席で無安打という結果となっていました。

スポーツ選手の方々は少しの怪我でも気にせずに練習をする方もいるので、この間も、もしかすると腹痛で苦しまれていたのかもしれません。

これからプロで活躍を期待される選手なだけに、今後の活動に影響しないといいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!